介護のレベル分けでは必要なのか

介護レベルでレベル分けをする

  • トップ

介護のレベル分けに意味はある?

日本において高齢化社会は深刻な問題です。少子化や核家族化も進んでいる現状の中で高齢者人口は増え続けています。日本の平均寿命は世界でも上位にランクしています。健康寿命と平均寿命は必ずしも一致しない為、歳を取ると日常生活に介護が必要になる可能性は少なくありません。現代社会における家族形態の変化を見ても、家族だけで高齢者の日常生活を支えることは困難です。国の施策として高齢化社会を支えていくために、高齢者サービスは拡大しています。平成12年4月に施行された介護保険法によって、新しいサービス形態が生まれています。特別養護老人ホームやデイサービス、有料老人ホームなどさまざまなサービスがあります。それぞれのサービスを提供する中で、介護の必要なレベルを、それぞれレベル分けしてサービスを提供する事に意味はあるのでしょうか。介護レベルをレベル分けするというと支援が必要な高齢者を差別化している様な感覚になってしまうかもしれません。しかしながら、日常生活を支援していく中で、目標や楽しみ、あるいは生き甲斐を持って毎日を生きていくためには、状態に合わせたレベル分けを行うことにも意味があるのです。心身の状況が近いレベルの人が集まることで、レクレーションを行う時や日常生活の支援を行う際に、同じレベルの活動プログラムを立てることができます。その事でただその場で見学をするだけでなく、一緒に参加して楽しむことができるのです。

介護の深い情報

新着情報

↑PAGE TOP