介護サービスを利用したい

介護保険制度におけるレベル分け

  • トップ /
  • 介護保険制度におけるレベル分け

要介護認定の仕組みとは

介護保険制度は40歳以上の国民が加入して保険料金を負担し、介護が必要になった高齢者がサービスをうけることが出来る仕組みです。利用を開始する際には自治体に申請書を提出し、認定を受けることが必要になります。認定というのは簡単に言うと必要な介助量によるレベル分けです。要支援1と2、要介護1から5までがあり、要介護5がもっとも重度という判定になります。レベル分けによって認定されたレベルによって利用できる料金の総額や利用できるサービスの種類に違いがあります。当然ながら、重度な認定を受けた人ほど利用できる金額やサービスの種類は増加します。老人保健施設や老人福祉施設などの入所サービスは要支援の人は利用することが出来ません。施設の数が少ないということもあり、レベル分けで重度な判定を受けた人の方が利用しやすい条件になっているのが現状です。認定を受ければ利用できるサービスには、通所サービスや訪問サービス、ショートステイなどがあります。通所サービスは在宅で生活している高齢者が施設に通って日中を過ごすサービスです。高齢者の引きこもりを防ぎ、家族の介護負担を軽減することが出来ます。訪問サービスはホームヘルパーのことであり、家事援助や身体介助のサービスを受けることが出来ます。ショートステイは短い期間だけ施設に入所できるサービスで、家族が不在の時などに利用することができます。

↑PAGE TOP